分析と売買の可能性が広がるMT4

MT4を使ってFX自動売買に挑戦する日記

 

MT4はロシアのメタクォーツソフトウェア(MetaQuotesSoftware)社が開発したFXトレードソフトウェアのことです。無料でありながら、圧倒的に優れた多数の機能を持つソフトウェアとして、世界中のFX業者やFXトレーダーから支持されています。日本では4番目のバージョンMetaTrader4が広まったことから、略してMT4(エムティーフォー、メタフォー)とも呼ばれています (現在はMetaTrader5まで開発されています)。

 

まずMT4では、他のソフトウェアで不満となる、トレンドラインが思った通りに引けない、同時に2つの指標を表示できない、といった問題が解消されています。そして他のソフトウェアに比べはるかに多い分析ツールを備えています。さらにMT4の機能で優れているのはMQL4というC言語をベースにしたプログラミング言語を一般公開していることです。この言語を使えば、ユーザーは独自に機能を拡張し、オリジナルの分析チャートを作ることができます。

 

そしてインターネット上には、様々なオリジナル分析チャートがフリーで出されています。ですから自分で開発しなくても、自分に合った分析チャートを新たに使用できます。またその分析チャート上に自分で便利だと思うツールを表示させれば自分仕様のオリジナル分析チャートが出来上がります。

 

さらに分析チャートだけではなく、取引手法をプログラミングし自動売買EA(エキスパートアドバイサー)を作成できることも大きな特徴です。自動売買とは、新規の買(売)、決済のための売(買)を、予め決めておいた計算方法で自動的に行うことです。その手助けをEAが行います。ですから、これを上手く利用すれば、パソコンに張り付いていなくても、MT4が自動でトレードしてくれます。

 

そしてこの自動売買EAも様々なものがインターネットで、フリーで入手できます。さらにその実績をランキング形式で紹介しているサイトもあるので、判断に迷う初心者の方などには大いに参考になるでしょう。

 

 

テクニカル指標の表示や自動売買ができるMT4のメリット

MT4を使ってFX自動売買に挑戦する日記

 

MT4は、FXに求められるさまざまなチャートを表示することができる、便利で高性能なツールで、日本国内のみならず、世界中に愛用者を獲得しています。通常、このようなツールを使用するにあたっては、FX会社に口座を開設したり、毎月一定の使用料を納付する必要があるなどの制約が設けられているものですが、MT4については、メールアドレスなどの簡単な登録を済ませれば、すべて無料で自宅のパソコンにダウンロードして使用することができるという点で、たいへんメリットの大きなものです。

 

FXは異なる通貨の価格の差を利用して差益を得る投資方法ですので、通貨の値動きを的確に予測することが不可欠となります。その予測にあたっては、移動平均線、MACD、ストキャスティクス、RSI、フィボナッチ、ボリンジャーバンドなどの、さまざまなテクニカル指標をチャート上に重ねあわせて、臨機応変の判断が求められます。こうしたテクニカル指標の種類は多岐にわたりますが、MT4であれば、ほとんどのものを瞬時にチャート上に表示することができ、しかもパソコン上では余計なリソースを使わずに軽快に動作するという特徴があります。既存のテクニカル指標をベースにして、より使いやすいように利用者自身がカスタマイズすることも容易です。

 

また、MT4は、EAとよばれるプログラムを組み込んで、FXの自動売買、いわゆるシステムトレードが可能であるという点もすぐれています。こうしたシステムトレードも、移動平均線やMACDなどのテクニカル指標から導き出された売買のサインにもとづいて行われるものですが、どのような条件のときに売買を成立させるのかをあらかじめプログラミングするには相応の高度な知識が要求されます。しかし、世界中のMT4の利用者が独自にEAを作成し、ネットで無料で公開しているため、そのなかから的中率の高いものを選んで作動させるだけで、何もせずに収益を上げることも可能になるのです。

 

 

トレーダー仲間と情報共有しやすいMT4

MT4を使ってFX自動売買に挑戦する日記

 

FXが日本で提供されるようになってから今現在多くのFX業者が存在しています。「黒田バズーカ」を始めとしたここのところの大相場に乗りたいとFXを始められた方も多いのではないでしょうか。

 

FXに関するブログや情報の量も以前と比べて飛躍的に伸びています。ネットで検索するだけでもある程度の知識を身につけることもできるほどではないでしょうか。また、トレーダーというのは日々黙々とパソコンに向かって資産を減らすまい増やすべしと孤独な戦いを挑むことも多いためか、トレーダー仲間を募ることも増えています。具体的には、無償、有償問わず勉強会を開催したり、塾やスクールという形で同じFXで稼ごうとするもの同士で切磋琢磨する環境を提供しているところも多く見られます。

 

そういったトレーダー仲間とともに、情報交換や学ぶ環境の元で重宝するのが「MT4」であるといえます。人によって利用しているFX業者が違っていたりすると、同じチャートの分析方法がなかったり設定方法が異なったりでスムーズにいかないことも少なくありません。そんな時にこそ「MT4」が効果を発揮するのです。

 

世界的にみてもMT4というのは、デファクトスタンダードといってもいいほど一般的なものです。海外のFXに関する情報交換サイトForex Factoryでもチャートのキャプチャ画像の多くがMT4のものであったり、トレード手法を議論する掲示板などでもMT4で利用できるインジケーターやテンプレートを配布しているなど情報共有するためのスタンダードとされているのが見て取れます。

 

FXはお金を稼ぐためのものとはいえ、継続してこそではないでしょうか。そのためにも同じ志をもった仲間がいればなおモチベーションも高まることでしょう。まだ使用したことが無いということであれば、ぜひ一度使用してみることをおすすめいたします。

 

 

MT4のテスト結果レポートで注目すべき項目

MT4を使ってFX自動売買に挑戦する日記

 

MT4には、「ストラテジーテスター」という自動売買システムの検証を行える機能があります。このストラテジーテスターを使ってシステムの検証を行うと、検証結果のレポートが表示されます。そのレポートの項目のうち、注目すべき点は3点あります。

 

まず、最大負けトレードです。これは、一回の負けトレードでどれだけの損失を出したかを示しています。例えば、平均損失が10万円で、最大負けトレードの額が30万円だった場合、そのトレードが平均損失に及ぼす大きさが分かるはずです。この負けトレードに対処する方法が分かっていれば、自動売買システムのパフォーマンスは良くなっていたのです。こういった平均損失に対して大きな額の損失を出す負けトレードの発生は、経済指標の発表時に起こることが多いです。トレードを遡り、経済指標の発表時に発生していたのであれば、その時間はシステムを停止させておくべきです。

 

もう一点は、最大勝ちトレードです。これは、最大負けトレードより重要です。例えば、総利益が10万円で、そのうちの3万円が一回の勝ちトレードによるものだったとすると、利益の平均値には大きな偏りがあることになります。こういった場合は、最大勝ちトレードを除いて総利益を再計算すると、自動売買システムの本当の利益率が算出できます。

 

最後は勝率です。MT4のストラテジーテスターは、勝率も自動で計算してくれるので非常に便利です。この勝率は高ければ高いほど良いと考えられがちですが、実際はそれほど重要ではありません。検証を行ったトレード数が多いほど勝率は低くなります。大事なのは総損益で、偏りのない平均的な利益が積み重なったプラスの総損益が出ているのならば、勝率が30パーセント程度のシステムでも十分に機能していると言えるのです。

 

自動売買システムは運用前の検証が何よりも大事です。MT4のストラテジーテスターなら詳しいレポートを表示してくれるので、有効に活用しましょう。

 

 

MT4のマイナーな分析指標

MT4を使ってFX自動売買に挑戦する日記

 

MT4にはあまり有名ではない指標も多く搭載されています。アリゲーター指標は、平滑移動平均線を3本同時に使用します。3本それぞれがワニのあご、ワニの口、ワニの歯に見えることからアリゲーターという名前が付いています。3本の移動平均線が開き始めたところが買いのタイミングで、逆に収まり始めたところが売りのタイミングとして判断されます。このパターンが出現する機会は多くありませんが、出現すれば確実性が高い指標です。

 

ADXは、相場が上がるのか下がるのかを予測するのではなく、現在向かっている方向への強さを判断する指標です。ADXラインと+DIライン、-DIラインという三つのラインで構成されます。それぞれのラインの位置を数字で表現することが可能で、他のオシレーターやテクニカル指標と異なりその数字をで判断するのがADXの大きな特徴です。

 

一般的にADXが25以上であれば強いトレンドがあると判断でき、+DIの数字が-DIの数字を上回っていれば買いのシグナル、-DIの数字が+DIの数字を上回っていれば売りのシグナルとされています。MT4では、このADXの数値が他のトレーディングソフトウェアと異なることがあります。これは、計算式が異なるためです。しかし、MT4のインジケーターは個人で修正を施すことができるので、他のトレーディングソフトウェアと同じ計算式に用いたADXを使用することも可能なのです。

 

ZigZagは、MT4の開発元であるメタクォーツ社オリジナルの分析指標で、チャートに表示されている高値と安値をマーキングしていき、それぞれをラインで結ぶことで相場の大きな流れを把握する指標です。このZigZagだけで売買タイミングを計るのは難しいですが、MT4には他にも多くの指標が搭載されているので、それらと組み合わせることで有効に活用できるのです。こういった指標は有名ではないだけに、利用すれば他の投資家に対するアドバンテージとなって、利益を上げることもできるのです。

2016/01/30 09:14:30 |
7月27日。現在15時。25日と26日の2日間で胃袋にいっぱい食べ物を詰め込んでしまってお疲れモードなので、今日はおやつの時間はなしです。逆に胃腸薬を飲んで胃を休ませてあげたい気分です。そもそもこの2日間で何があったのか?土曜日の25日は花火大会でした。サンドイッチ、おにぎり、などの高カロリーなものを体に詰め込みました。その後、帰宅中に立ち寄ったコンビニでアイスコーヒーとアイスクリームを買い、家路につくと冷房を入れてゴクゴク、アイスをパクリ。これが日々トレードを頑張ったごほうびだからと満足。そして2日目の26日、暑いから喫茶店に行かないか?と家族に誘われて行くことを決意。ドリンクだけのつもりで...
2016/01/30 09:13:30 |
7月29日。現在13時30分。いつもは自分の部屋で行っている相場観察を冷房の効いた涼しいリビングで行っています。あまりの気持ち良さにここに居なさい!と後押しされているみたいで、つい。それに見ていた情報番組が興味深い内容ばかりだったから離れるのがもったいない。バイキングの後は、ヒルナンデス!いい特集がやってないか確認するとお役立ちグッズの紹介。私が好きな無印の商品が映ったことで見てしまいました。これいいなと思ったのがフィルム石鹸。外出先で石鹸を持ち歩くのって面倒ですよね。下手すれば鞄にべったり。フィルム石鹸は、紙で出来ていて、手に乗せてこするだけで、溶けて泡立つ。荷物にならず、手もきれいに洗える...
2016/01/30 09:13:30 |
7月28日。日経平均の寄り付きは-161円の20188円。前日に引き続き調子が良くありません。前日は上海総合指数まで良くなくて、欧州株は軟調になりました。そのおかげで、クロス円は揃ってリスク回避になりました。ただ、ユーロ円だけは他の通貨と比べて高い位置にいてびっくり。欧州株が軟調でもあまり下げない姿にびっくりですよ。前日のユーロ円の5分足。16時5分から17時までの間に大陽線が出現しています。135.96から136.97まで高値更新。それからは136.21まで下押し。21時30分には反発して、深夜12時40分には137円をつけています。これはかなり激しい動きです。137円を付けてからは下がって...
2016/01/30 09:13:30 |
7月28日。あと30分で15時です。私の中ではこの時間帯が休憩に該当するので、あと少しだぁって思うと待ち遠しいです。東京時間午前の相場にはひやひやしました。株式市場がスタートしたときは小動きだなぁと思っていました。いつものような相場だと安心しきっていたら、1時間後に下落がスタートしました。豪ドル円は、89.70から89.35まで安値を更新。5分足を観察してみたら前兆はありました。小さい陽線と陰線が交互に出現しているときにいきなりあらわれた大陰線。画面上に突然現れるとえっ?何だこれは?とパニック。それから大きく値が動き始めて安値を更新したのであります。私は、急にあらわれた大陰線を見て、売りのエネ...
2016/01/30 09:12:30 |
7月29日。現在19時50分。東京時間は日経平均と上海総合指数がともに軟調でクロス円は円買いになりました。豪ドル円は90.83から90.29まで下落してから90.45まで戻してきた後、レンジになりました。欧州時間の序盤も変化がありません。一方的に下げる相場ではなくて、戻してきて動かなくなるパターンの相場。やりにくいです。5分足を見るとレンジになっていました。動いていることを期待してチャートを開いたら変化がない状態で、ポジションを持たなくてよかったと思いました。日経平均と上海総合指数が軟調でも大きく下げるときと下げないときがあります。違いは、わかりません。それがわかったらトレードに苦労しません。...
2016/01/30 09:12:30 |
7月28日。東京株式市場がスタートしたときは、いつものような値動きだなぁと思っていたら1時間後にはリスク回避の動きがはっきりしました。本日の日経平均は前日に引き続き軟調。連日の下げですね。ニュースを確認すると、日経平均は3日続落と書いてあります。2日なら明日こそいいんじゃないかと、まだ希望が持てるけど3日も続けて下げられると怖いですね。それが5日続落になったり、1週間になったりすると、もう立ち上がれないんじゃないか。これは危機の前兆じゃないかとびっくりします。だけど、3日連続パターンは今のところあるので、まだマシ。悪い時期に入っていると感じるけど、1年を通して見るとこんな日ばかりでないのはわか...
2016/01/30 09:12:30 |
前の晩に買いを入れたポジションが、一晩こしてようやく大きい利益が出ることになり利確しました。その次の取引、ふたたび買いのポジションを入れて、トイレに行っていた矢先、ドカンと売りがきていて昨晩から翌日にかけての利益の約3分2がふっとびました。驚愕して決済、さらに下がったところで買い、しかしさらに下げ、利益がぜんぶふっとび損失へ。利確から損失まで、わずか数分の出来事です。それからポジションを取らずに休むことにすると、ふたたび買いが優勢になり上昇、思いの逆ばかりが連なることがあります。こういうとき、FXをやめようかと思うときです。上がったり下がったりが思いの反対になり、監視しているのではないかと思っ...
2016/01/19 12:24:19 |
FXは世界の国々の経済によって影響を受けているので、地政学リスクのことも視野に入れてトレードすることが大切です。中東の不安定さが年々深刻になってきていますがFXにおいて地政学リスクというのも考えなければならないと思います。FXは大きく分けて3つあり、移動平均線などのテクニカルを使って先を読み解くテクニカル分析、指標によって経済の動きを読み解くファンダメンタル分析の2つがありますが、その他に地政学リスクというのもあります。普段はあまり地政学リスクによってFXは影響受けませんが、戦争やテロ、災害、大きな事故などによって国の経済が揺さぶられるときに影響を受けることがあります。地政学リスクによる影響は...
2016/01/19 12:23:19 |
FXのメリットは株と異なり取引時間がほぼ24時間できるということだと思います。株だと一般的に9時から15時と時間が決められていますがFXだと自分の好きな時間にトレードができます。株はたくさんの銘柄がありその中から投資できる銘柄を探さなければならないのと、ある程度の投資金が必要になります。FXは少額で始めることができ通貨ペアが限られているので投資しやすのが特徴です。日中仕事している人なら夜帰ってきてからFXができるので副業としてできます。昼間の時間は仕事をしているので株を投資するのがむずかしいですが、FXは朝の出勤前と夜帰ってきてから寝るまでの間できるので生活スタイルに合わせて投資できるのが魅力...
2016/01/19 12:23:19 |
経済指標の中で毎月1回製造業PMIというのが世界の国それぞれで発表されます。製造業PMIは50を超えれば景気の拡大、50を下回れば景気後退を表します。発表時期は各国異なりますが中国の製造業PMIのときのFXはチャートが大きく乱れることがあります。中国の製造業PMIは月初めの午前中に発表されることが多いです。2013年1月に50.4あった数値が同年10月と11月に51.4を付けており、わずかながら景気回復してきたが2014年2月に50.2まで下げてその後持ち直して同年7月には51.7となっています。大きな崩れもないわりに成長もそれほど見込めない中国は将来的に見ると不安材料があるように見られます。...