チャートの誘惑には勝てるけど、甘いものの誘惑には弱い

7月27日。現在15時。25日と26日の2日間で胃袋にいっぱい食べ物を詰め込んでしまってお疲れモードなので、今日はおやつの時間はなしです。逆に胃腸薬を飲んで胃を休ませてあげたい気分です。そもそもこの2日間で何があったのか?土曜日の25日は花火大会でした。サンドイッチ、おにぎり、などの高カロリーなものを体に詰め込みました。その後、帰宅中に立ち寄ったコンビニでアイスコーヒーとアイスクリームを買い、家路につくと冷房を入れてゴクゴク、アイスをパクリ。これが日々トレードを頑張ったごほうびだからと満足。

 

そして2日目の26日、暑いから喫茶店に行かないか?と家族に誘われて行くことを決意。ドリンクだけのつもりで行ったら美味しそうなケーキを見てしまい、ケーキまで注文。さらに帰りは、ケーキ買って帰らなくても大丈夫?と聞かれて、甘いものが大好きな私は買って帰る道を選びました。2個のケーキ。そして、夕ご飯の後、ケーキの時間と題して1個を食べてしまいました。1日目は花火大会での暴飲暴食。

 

2日目は喫茶店と家で食べた合計2個のケーキ。胃袋を考えずに食べた結果、3日目の今日はさすがに危機感を味わい、休ませているわけです。チャートの誘惑には勝てても、甘いものの誘惑には勝てない私です。この世界はこんな風にできてるんでしょうか。甘いものには打ち勝てないように。だけど、チャートに振り回されていないのは奇跡です。ちゃんと我慢が出来るんですよ。どうしてだろうって考えると危機感が関係しているのかなぁ。

 

ここで待てずにエントリーしてしまうと損切りになる可能性がある。資金を失うことはトレーダー生命を奪う事だ!だから意地でも待たないといけないと頭がしっかりと理解しています。意識的に我慢して待つことを鍛えてきたので、もうそれが習慣になっている。だから、出来る。お菓子のほうは我慢しようと思っても今日だけは!と何かと理由をつけて食べてしまうので、いつまでも我慢する力が身につかないみたいです。大事なことは自分に厳しく、です。お菓子はともかくトレードでは自分を甘やかさないのが正解です。