情報番組を観てシンプルは一番だと感じる。それはFXにも言えること

7月29日。現在13時30分。いつもは自分の部屋で行っている相場観察を冷房の効いた涼しいリビングで行っています。あまりの気持ち良さにここに居なさい!と後押しされているみたいで、つい。それに見ていた情報番組が興味深い内容ばかりだったから離れるのがもったいない。バイキングの後は、ヒルナンデス!いい特集がやってないか確認するとお役立ちグッズの紹介。私が好きな無印の商品が映ったことで見てしまいました。

 

これいいなと思ったのがフィルム石鹸。外出先で石鹸を持ち歩くのって面倒ですよね。下手すれば鞄にべったり。フィルム石鹸は、紙で出来ていて、手に乗せてこするだけで、溶けて泡立つ。荷物にならず、手もきれいに洗える優れものでした。なんか得した気分♪無印は中学の頃に文房具でお世話になっていました。コンビニで安売りのペンが売られていて、メーカーを見たら無印だった。それが最初の出会い。シンプルで値段が安いことで愛用している子が多かった。

 

あれから10年程が経ち、会社の規模が大きくなりましたね。知らない人はいない人気のブランド。シンプルで主張しない、使ってある素材がいいものだから人気なのかな。シンプルという点がポイント。どんな世界でもシンプルなものが好まれるよね~。FXの世界でもそうだと思います。最初は何種類ものインディケーターを画面上に表示させてトレードを行っていました。見にくいし、相場が変われば通用しないものが多くてこれは駄目だと悩みましたね。それで、これはいいと思ったのがライントレード。

 

インディケーターを何も使わないで、チャートに線を引っ張っていくことで強い抵抗線とサポートを見つけ出し、相場を捉えていく戦略。負けることはもちろんありましたが、非常にシンプルな方法だから続けられる。抵抗線とサポートを基準に仕掛けていくので、相場が変わっても使えなくなることがない。ライントレードと検索すると多くがシンプルな方法だと受け止めています。シンプルなものは長年愛され続けるから、これは王道だ。